チェブラーシカ-CHEBURASHKA-


(c)CHEBURASHKA PROJECT LLP

チェブラーシカはロシアのキャラクターです。

1966年にロシア(当時はソ連)の児童文学家エドゥアルド・ウスペンスキーによる絵本「ワニのゲーナ」から登場したチェブラーシカ。
絵本の主人公はチェブラーシカの友人であるワニのゲーナでしたが、その愛らしさからいつの間にかチェブラーシカの方が人気者になっていました。

チェブラーシカは架空の生き物でサルやクマではありません。

なんだかわからない生き物なのです。

オレンジの箱に入り込んでオレンジを食べていたチェブラーシカ。

そのまま空輸されロシアにたどり着きました。

最初は動物園に連れていかれましたが不明な生き物を動物園は引き取ってくれません。

行くところのないチェブラーシカでしたが、だんだんとお友達が増えていき・・・そんなお話です。

「チェブラーシカ」とはロシア語で「ぱったり倒れ屋さん」という意味だそうですよ。

どこか寂しげで、でも目がクリクリとして愛らしいチェブラーシカは、ロシアでは知らない人はいないと言われるほど有名なキャラクター。

日本でもお菓子のパッケージで登場したり展示会が開かれたりと今でもとても人気のキャラクターです。

1969年にはロマン・カチャーノフ監督作品として人形アニメの映画にもなりました。
2009年には日本でもテレビアニメ化され映画にもなりました。

登場以来50年以上経っても人気の衰えない、すごいキャラクターのチェブラーシカなのです。

タイトルとURLをコピーしました